ブレント・イングリッシュ・オンライン - BRENT ENGLISH ONLINE

オンライン英会話BEO スタッフブログ
開講時間
朝7時〜深夜24時(土日23時)
レッスン料金
1レッスン399円〜
  • ブレント・イングリッシュ・オンライン - BRENT ENGLISH ONLINE
  • 新規登録はコチラから

オンライン英会話BEOスタッフブログ

意外な意味の英単語

2018/03/29
英語表現集

本日、ご紹介するのは、

大学入試、英検・TOEICなどでもよく見かける、

意外な意味をもつ英単語!

 

英単語   よく見る意味 → 意外な意味 

・address        住所 → ~に演説する

・bear       熊    →   耐える

・book        本  → (座席や部屋など)を予約する

・capital    首都 → 資本

・fine      元気 → 罰金

・fire          火 → ~を解雇する

・gift      贈り物 → 才能

・interest     興味 →  利子、利息

・leave        去る → 休暇

・meet          会う → (要求を)満たす

・miss           失敗 → (人がいないのを)寂しく思う

・move          動く → (人)を感動させる

・run             走る → (選挙に)出馬する

・sentence        文 → ~に判決を宣告する

・stand          立つ → ~に耐える、我慢する

・sweet         甘い → 優しい

・touch          触る → (人)を感動させる

・trip                旅 → (物に)つまずく

 

こんな表現を映画やテレビドラマの中で聞いたことありませんか

”You’re so sweet!” (なんて優しいの!)

”You’re fired!” (お前はクビだ!)

”I’m running for mayor!”(市長選に立候補する!)

”I’ll miss you!” (別れを惜しんで・・・寂しいよ)

”an artistically gifted child” (芸術の才能がある子ども)

 

  ウェブサイト | Facebook Twitter

 

オンライン英会話BEOスタッフブログ
オンライン英会話BEOスタッフブログ

知っておかないと海外でわかってもらえない!?~単語編

2018/02/22
英語表現集

日本でよく耳にするカタカナ英語、でもなぜか海外では通じないという経験ありませんか。

ここで、日常的に使う”通じないカタカナ英語”をちょっとまとめてみました。

 

パソコン computer, desktop (パソコン/PCと言っても通じません。ちなみに「ノートパソコン」はlaptopやlaptop computerです。)

ホッチキ:stapler (この言い方は日本でしか通じません。英語ではstaplerと呼びます。)

サラリーマン : office worker / businessman/businesswoman (この言い方は日本でしか通じません)

インフルエンザ:(the) flu (語源は19世紀にinfluenzaを短くしてつくられた、英語ではfluと言います)

アルバイト: part-time job(語源はドイツ語ですが、英語では使いません。ちなみに正社員の場合はfull-time jobになります。)

トランプ:cards(「trump」は切り札という意味があります。トランプはイギリスで発祥した言葉ですが、ポルトガル語なので注意が必要。)

シール:stickers (この言い方は日本でしか通じません。英語ではstickersと呼びます。)

レンジ oven (日本語「レンジ」は英語のoven「オーブン」のことを意味していますちなみに「電子レンジ」はmicrowave(oven)です。)

ワンマン:one-man (一人だけのという意味ですが、この言い方は日本でしか通じません。)

プレゼン:presentation (これは略語で、正しくは「プレゼンテーション」で、発表、紹介、提示という意味です。英語では略語を使って話すことはありません。)

セレブ:celebrity (有名人、著名人という意味で、日本では「金持ち」の意味で使うことがほとんどですが、英語本来の意味は「名声」です。そして、「セレブ」は略語で英語ではあまり使いません。)

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

慣用句はまだまだありますので、今後もご紹介していきますね☆☆

 

  ウェブサイト | Facebook Twitter

 

オンライン英会話BEOスタッフブログ
オンライン英会話BEOスタッフブログ

今さら英語でなんていうの~数字の読み方~ その1

2018/01/29
英語表現集

<大きい数字>

英語で数字を読むのはわかりにくい。なぜなら、英語には「万」とか「億」の単位がないのです。というのも、日本では4桁ずつで数字を数えるけれど、英語では3桁ずつ数えるからです。(コンマも3桁ずつです!)

下の数字からも分かる様に、英語では、十と百をつけてそれぞれの単位を順序良く並べます。十が来て、百が来たら次の位。十が来て百が来たら、また次の位になる。それの繰り返しなので、慣れてしまえばとても規則正しく上の単位に繰り上がるので、英語の方が覚えやすいかもしれません。

1 one  (一)

10 ten  (十)

100 a hundred   (百)

1,000 a thousand   (千)

10,000 ten thousand          (万)

100,000 a hundred thousand   (十万)

1,000,000 a million      (百万)

10,000,000 ten million   (千万)

100,000,000 a hundred million     (一億)

1,000,000,000 a billion      (十億)

10,000,000,000 ten billion  (百億)

100,000,000,000 a hundred billion  (千億)

1,000,000,000,000 a trillion        (一兆)

オンライン英会話BEOスタッフブログ

アーカイブ